第3回「福利厚生EXPO」開催延期が発表されました

【開催延期】「福利厚生EXPO」に初出展!新サービス・来場者特典も続々企画中

3月24日、展示会主催側から開催延期の決定について連絡が届きました。
展示会出展に関する続報は後日追って掲載致します。

この度、株式会社 情報基盤開発は来る2020年4月15・16・17日に開催される【福利厚生EXPO】へ出展する運びとなりました。
 

—福利厚生EXPOって?—
業界唯一! 福利厚生・健康経営に特化し、あらゆる福利厚生サービスが一堂に会する展示会です。
構成展である8つの専門展・最新の動向や事例の学べる42公演 で、「企業の抱える問題」の解決糸口がみつかる3日間!

出展対象は“福利厚生代行、健康経営、育児・介護、財産形成、自己啓発支援…”など、総務・人事の課題に幅広くお答えするラインナップ。各ブースにはその場での商談・ご相談ができるスペースが設置されており、納得のいくご提案・ご検討を頂けます。

 
福利厚生EXPO では、弊社の新たなサービスを発表する予定となっております。 ぜひこの機会に、「ストレスチェックマガジン」を通じてつながりのある皆様とお会いできることを楽しみにしております。
 

▼▽▼▽ 福利厚生EXPO出展記念! ▼▽▼▽

《ブログから登録をされたお客様限定!》

《2020年1月20日(月)12時まで》に下記フォームよりお申し込みをいただいたお客様の中から5名様に抽選で「福利厚生EXPO VIP招待チケット」をプレゼント!
落選された方にも、同展示会の無料チケットをもれなくご案内致します。
来場者特典も企画中です。ふるってご参加ください。
 

☆福利厚生EXPO VIP招待 特典☆

①基調講演・特別講演に無料ご招待!
会期中に行われる基調講演・特別講演(通常参加:9,000円)に無料でご招待いたします。当日開催予定のプログラムは全42公演!実績ある講師陣の公演は、参加人数が定員となり次第締め切りとなります。お早目のお申し込みを!


②展示会場内「VIPラウンジ」をご利用いただけます
展示会場内に設けました「VIPラウンジ」の入場・ご利用が可能になります。
ご招待のお飲み物をご用意しておりますので、座ってゆっくりお休みいただけます。

 

VIPご招待チケットプレゼントの応募は受付を終了しました

お申し込みをいただいた方には、福利厚生に役立つ知識が毎月届くメールマガジン【AltPaper通信(APNews)】を配信いたします。

▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△

 
今回は見合わせ…という方も、当社のメールマガジン「AltPaper通信」の配信登録を是非ご検討ください!
 

APNewsメルマガ会員登録受付中
「AltPaper通信」 配信登録は上記のバナーをクリック!
 

〔 関連リンク〕

関連記事

  1. “男性版産休制度”成立!改正「育児・介護休業法」と、2022年4月から…

  2. 増加する「感情労働」、今後も注目の「企業のメンタルケア」の重要性と対策…

  3. 【4月19日開催:特典あり】部署単位での応募可能!M-ORIONプロジ…

  4. 部下の様子が気になる!メンタル不調に気づいたときの対応

  5. 新年明けましておめでとうございます

  6. 年末年始休業のお知らせ

  7. ワークエンゲージメントとは?

  8. 「職場の喫煙」どう変わる?受動喫煙防止条例や健康増進法で企業が満たすべ…

Pick Up 注目記事 メンタルヘルスケアコラム
  1. 従業員エンゲージメントと何が違う?従業員満足度調査のメリット:エンゲージメント経営を考える_old
  2. ハラスメント対策:ハラスメント発生時の4ステップと、予防・解決のための3つのポイント
  3. そのメンタル不調は「気象病」が原因?急変する天気を乗り切る3つの対策
  4. 増加する「感情労働」、今後も注目の「企業のメンタルケア」の重要性と対策
  5. アンガーマネジメント「6秒ルール」を味方に付ける。ストレス防止とパワハラ対策にも:ストレスに負けない働くオトナのメンタルケア:
  1. 「共感疲労」とは?つらいニュースから心を守る対処法:人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム
  2. 出勤しているのにコストを損失している「プレゼンティーズム」とは:人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム
  3. 人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム:まずは知ってみよう、職場で見られる「メンタルの不調」の種類
  4. 「適応障害」と「うつ病」は違うの?その違いや、企業の対策を解説:人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム
  5. 新型コロナ禍で「自殺者」が増えた?背景にある「つらさ」と企業ができる自殺予防策とは:人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム

最近の投稿記事