情報基盤開発ブログ:イノベーションズアイ「革新ビジネスアワード2021」ビジネス部門優秀賞受賞

「革新ビジネスアワード2021」で、情報基盤開発がビジネス部門優秀賞を受賞

イノベーションズアイ(革新ビジネスアワード実行委員会)が主催する「革新ビジネスアワード2021」において、当社・情報基盤開発が「ビジネス部門 優秀賞」を受賞いたしました。

今年で11回目の開催を迎える同賞ですが、昨年に続き今年も新型コロナ禍の影響で授賞式は行われず、法人登録会員およびイノベーションズアイ支援機関が推薦する企業から実行委員会による審査を経て受賞企業が決定されます。
 

「革新ビジネスアワード」とは

革新ビジネスアワード2021

革新ビジネスアワードは、イノベーションズアイ(革新ビジネスアワード実行委員会)が主催するビジネス表彰制度です。イノベーションズアイの設立当初からの事業コンセプトである元気で活力ある企業を『発掘』し、メディアから『発信』し、ビジネスネットワークで企業の『発展』に繋げるを掲げ、挑戦し続ける「企業・起業家・ビジネスパーソン」を応援するため、2011年から毎年開催しています。

イノベーションズアイ「革新ビジネスアワードとは」
 

今回は企業支援部門3社・ビジネス部門6社が優秀賞を受賞し、当社はビジネス部門での受賞となりました。

当社の優秀賞「受賞ポイント」として、下記の3点を挙げていただいています。
 

  • ストレスチェックの実施が義務化された当初から販売された「AltPaperストレスチェックキット」は、延べ60万人以上が受検しており、リピート率も9割を超えている。
     
  • 安定した受検者数を抱えながらもそれに甘んじることなく、「安く・早く・簡単に」という同社の理念をさらに追求し続け、機械化や物流コストの削減、納期短縮などを実現している。
     
  • 2021年度は受検者が累計70万人を超えることが見込まれている。

 

当社代表 鎌田による受賞のコメント

当社では「ストレスに悩まない職場をつくる」とのミッションを掲げ、仕事上のストレスによって体調を崩す方がいない社会を目指しています。ストレスからくる心や体の問題は、正社員だけでなく役員からアルバイト・パートまで、全ての働く人にとって無視することはできません。

当社では、一部の優良企業のみならず全ての企業にとって使いやすく価値のある、従業員支援のためのサービスを提供し続けていきたいと考えています。

 

情報基盤開発 代表取締役 / 鎌田 長明

情報基盤開発 代表取締役 / 鎌田 長明


当社従業員一同、今後もストレスチェック実施をはじめとするお客様の職場環境改善や健康経営における課題解決に向けたサポートに努めてまいります。

当社サービスに関するご質問等ございましたら、下記よりお気軽にお問い合わせください。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
 

 

 

初出:2021年12月15日

関連記事

  1. ニッセイ「経営インサイト」vol.41に、当社の有資格専門スタッフによる「心理的安全性」に関する執筆記事が掲載されました:メディア掲載・紹介実績

    ニッセイ「経営インサイト」vol.41に、当社の有資格専門スタッフによ…

  2. 【業界平均値レポート2021】業種により二極化?!全業界で高ストレス者…

  3. 年末年始休業のお知らせ

  4. AltPaperのミャンマー語対応が、日本経済新聞で紹介されました

  5. 今年も春がやってきた~東大キャンパスでお花見2018~

  6. 情報基盤開発が7回目のプライバシーマーク認定を更新。制度貢献事業者とし…

  7. 【10/13(金)15時開始】キリンビバレッジ共催セミナー「キリン独自…

  8. 情報基盤開発の顧問医に、精神科医・まなメンタルクリニック新御茶ノ水 院…

Pick Up 注目記事 メンタルヘルスケアコラム
  1. 特典あり!「事業再構築補助金ほか補助金・助成金-獲得のコツ」無料オンラインセミナー(6月3日開催)
  2. 働き方改革で残業時間の上限規制が導入!中小企業が取るべき行動とは?
  3. 気になる他社の実施状況は?『ストレスチェックのリアル』をデータから解説
  4. ストレスチェック業種・職種別レポート2018:職種別高ストレスランキング
  5. ストレスチェック、個人は簡単無料・法人は最低価格保証!:AltPaperストレスチェックサービス
  1. 「共感疲労」とは?つらいニュースから心を守る対処法:人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム
  2. 出勤しているのにコストを損失している「プレゼンティーズム」とは:人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム
  3. 人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム:まずは知ってみよう、職場で見られる「メンタルの不調」の種類
  4. 「適応障害」と「うつ病」は違うの?その違いや、企業の対策を解説:人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム
  5. 新型コロナ禍で「自殺者」が増えた?背景にある「つらさ」と企業ができる自殺予防策とは:人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム

最近の投稿記事