AltPaperのミャンマー語対応が、日本経済新聞で紹介されました

AltPaperのミャンマー語対応が、日本経済新聞で紹介されました

2013年8月より、AltPaperアンケート自動入力がミャンマー語に対応いたしました。 このことを紹介した記事が日本経済新聞に2013年8月6日付で掲載していただきました。
 


株式会社情報基盤開発(本社:東京都文京区、代表取締役:鎌田 長明)は、同社の主力製品である紙アンケート自動入力システムAltPaperを、2013年8月にミャンマー語に対応いたしました。

これにより、ミャンマー語においてもAltPaperによる高い精度でのアンケート集計が可能になりました。
 

「日本経済新聞」で、AltPaperアンケート入力のミャンマー語対応について掲載していただきました。

2013年8月6日付け「日本経済新聞」首都圏版にAltPaperアンケート自動入力のミャンマー語対応に関する紹介記事が掲載されました。

記事の一部で、下記のように紹介されています。
 

東大発VB、ミャンマー語対応のアンケート自動集計

今回、日本語のアンケートをミャンマー語に翻訳する作業を代行する。料金は初期費用が10万円からで、アンケート用紙を1枚集計するにつき50円を課金する。別料金で回収したアンケートに記載されているミャンマー語を日本語に変換する作業も請け負う。外国語ではすでに英語と中国語にも対応している。

現地でマーケティングや顧客・従業員満足度などの調査をする企業が対象。初年度は50社、1億円の売り上げを目指す。

従来、紙のアンケートの集計は手作業が一般的で時間を要する。マークシートなどに記入する手法だと、専用の紙や読み取り機が必要でコストもかかっていた。

日本経済新聞 首都圏版(2013年8月6日)
 

同内容の記事が電子版にも掲載 されています。
 

関連記事

  1. 「de:code2015」の来場者アンケート2,500枚を、クラウドの…

  2. AltPaperEAP支援サービス「みんなの相談」のご紹介!従業員のメ…

  3. 【連載】AltPaperだから、こんな分析も簡単!
    ③信頼区間の…

  4. 「革新ビジネスアワード2021」で、情報基盤開発がビジネス部門優秀賞を…

  5. 総合健康リスクは改善の兆しも、高ストレス者割合は増加傾向② — 高スト…

  6. 情報基盤開発の顧問医に、精神科医・まなメンタルクリニック新御茶ノ水 院…

  7. 【連載】アンケートの作り方⑤ 企画段階で準備するもの・考慮すること (…

  8. 「介護ビジョン」誌に、当社ストレスチェックサービス業種・職種別レポート…

Pick Up 注目記事 メンタルヘルスケアコラム
  1. 「健康経営優良法人」取得は意外と簡単?―「健康経営銘柄」「ホワイト500」は?
  2. 3回目のワクチン接種、副反応は?職域接種は?「ワクチン休暇」など企業の対応・対策を考える:企業の新型コロナ対策
  3. 「職場環境改善計画助成金」(事業場コース)で、ストレスチェックの集団分析を活用した職場環境改善計画の立案・運用を実践!
  4. 特典あり!「事業再構築補助金ほか補助金・助成金-獲得のコツ」無料オンラインセミナー(6月3日開催)
  5. 【ストレスチェック実施案内文例掲載】受検率を上げるには?押さえるポイントは2つ!
  1. 「共感疲労」とは?つらいニュースから心を守る対処法:人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム
  2. 出勤しているのにコストを損失している「プレゼンティーズム」とは:人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム
  3. 人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム:まずは知ってみよう、職場で見られる「メンタルの不調」の種類
  4. 「適応障害」と「うつ病」は違うの?その違いや、企業の対策を解説:人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム
  5. 新型コロナ禍で「自殺者」が増えた?背景にある「つらさ」と企業ができる自殺予防策とは:人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム

最近の投稿記事