情報基盤開発:顧問医就任のお知らせ_アイキャッチ画像

情報基盤開発の顧問医に、精神科医・まなメンタルクリニック新御茶ノ水 院長 市川弓紀子氏が就任

株式会社情報基盤開発の産業医として、日本医師会認定産業医で精神科医、まなメンタルクリニック新御茶ノ水 院長の市川弓紀子氏を顧問医に迎えましたことをお知らせ致します。
 
市川氏は、日本医師会認定産業医として複数の企業で嘱託産業医を務めるなど、産業メンタルヘルスにも積極的に携わられ、2017年に開院されて院長を務める精神科・心療内科クリニック「まなメンタルクリニック新御茶ノ水」での診療を含め、働く人の心身の健康の回復と復職支援等に尽力されています。
 

市川 弓紀子 氏 プロフィール

市川 弓紀子氏プロフィール画像

市川 弓紀子(いちかわ ゆきこ)
精神保健指定医
日本精神神経学会認定専門医
日本医師会認定産業医
医学博士
まなメンタルクリニック新御茶ノ水 院長

 

東京女子医科大学医学部医学科卒業。
同大学附属第二病院(現・東京女子医科大学附属足立医療センター)を経て、東京女子医科大学附属女性生涯健康センター 総合外来・メンタルケア科にて女性外来を担当。 内科・婦人科・皮膚科と連携しながら女性精神医療に携わる。
その後、東京女子医科大学病院神経精神科、JCHO東京新宿メディカルセンター精神科など、大学病院や総合病院精神科ほか精神科救急病棟、認知症病棟を備えた精神科病院へも勤務。精神科疾患全般にわたり診療経験を積む。

日本医師会認定産業医として複数の企業で嘱託産業医を務めるなど、産業メンタルヘルスにも積極的に携わってきた。2017年12月、御茶ノ水(千代田区神田淡路町)に精神科・心療内科クリニック「まなメンタルクリニック新御茶ノ水」を開院。思春期の中高生から高齢者まで幅広く診療している。立地柄、働き盛りの世代の受診が多いこともあり、働く人の心身の健康の回復と復職支援には特に力を入れている。

「ストレスに悩まない職場をつくる」というコーポレートスローガンのもと、職場のメンタルヘルスケア、健康経営、業務効率化の実現につながる各種法人向けサービスを提供する当社だからこそ、市川氏の助力を得ながら社内に向けた心身の健康づくりにも引き続き邁進してまいります。
 

コーポレートスローガン「ストレスに悩まない職場をつくる」画像

  

 

【当プレスリリースに関する報道・メディア関係者からのお問い合わせ先】
 株式会社情報基盤開発 担当:小泉・遠藤
 電話:03-3816-1541 メールアドレス:pr@altpaper.net
 

初出:2024年02月26日

関連記事

  1. ストレスチェック×従業員サーベイ×心理的安全性で組織改善!Unipos…

  2. 2022→2023年末年始休業のお知らせ

  3. 「SECURITY ACTION」セキュリティ対策自己宣言、“二つ星”…

  4. 新年明けましておめでとうございます

  5. 【6月21日(火)16時開始】参加無料!日本産業ストレス学会理事長・北…

  6. 「革新ビジネスアワード2021」で、情報基盤開発がビジネス部門優秀賞を…

  7. 【11月30日(水)16時~】ジャーナリスト・ニュースキャスター安藤優…

  8. 教授陣の登壇決定!神戸大学データヘルス研究プロジェクトとの共同調査「健…

Pick Up 注目記事 メンタルヘルスケアコラム
  1. M-ORIONプロジェクト:北里大学医学部教授・堤明純セミナー「今求められている職場のメンタルヘルス対策」_thumbnail
  2. パワハラ防止法:指針決定!2020年の施行に向けて、気になるその中身とは
  3. 「健康経営優良法人」取得は意外と簡単?―「健康経営銘柄」「ホワイト500」は?
  4. 新年度版「職場環境改善+助成金活用」セミナー開催!1事業場につき10万円助成の「職場環境改善計画助成金」等について解説
  1. 「共感疲労」とは?つらいニュースから心を守る対処法:人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム
  2. 出勤しているのにコストを損失している「プレゼンティーズム」とは:人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム
  3. 人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム:まずは知ってみよう、職場で見られる「メンタルの不調」の種類
  4. 「適応障害」と「うつ病」は違うの?その違いや、企業の対策を解説:人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム
  5. 新型コロナ禍で「自殺者」が増えた?背景にある「つらさ」と企業ができる自殺予防策とは:人事・労務担当者のためのメンタルヘルスケアコラム

最近の投稿記事